トップページ Excelで作って使うWebアプリXCute お問合せ 個人情報について
言語ベースをExcelベースの開発へ!
・Webアプリは、Javaなどの言語を用いて、プログラマーにより多大な工数を掛け構築されてきました。


・これを、DBとExcelの連携ツールXCuteとExcelに置換え、プログラマーなどの専門家でなくとも構築スピード5~10倍を達成します。

・クライアント側は、HTMLをブラウザで表示するほか、Excel Bookを使った超リッチクライアントも利用できます。
XCuteのデータの流れ
  クライアントのブラウザからリクエストが発行されると、サーバーサイドのExcelへ連絡され、XCuteがオラクルなどのDBへSQL文を投げ、結果セットを受け取り、これをExcelへ貼り付けExcelシートを作ります。作られたExcelシートをExcelのHTML保存機能でHTML化してクライアントのブラウザへ応答します。

Xcuteは、インターネットからみれば、現在一番使われているCGIアプリで、HTTPサーバーとExcelサイドの通信はCGIが行います。 実際にリクエストを解析しHTMLファイルを作成するのは、ExcelとXCuteです。XCuteはExcelを使ったDB連携の帳票ツールです。 HTML作成や画面制御などその他すべてはExcelの役割です。
XCute開発手順
ひな型の作成
 Excelでに自由にレイアウトした画面を作り空の帳票(ひな型)を作成します。

ひな型とデータベースの紐付け
 XCuteにデータベースを接続して、ひな型のセルにテーブルの列などを関連付けます。
この紐付け情報を使い、データベースのデータをExcelに書き出したり、読み込みます。

ひな型をHTML化あるいはExcelブックのままWeb配信
 データが書き出されたシートをExcelのHTML保存機能でHTML化させてIISやApacheなどの Webサーバ経由で配信して、ブラウザに表示します。
ExcelブックのままWeb配信すると、クライアント側のExcelで開きます。
フロントエンドのインターフェースとして、WEBブラウザとExcelの両方が利用できるのです。

また、ブラウザあるいはExcelで入力された値をサーバー側のExcelに戻し、データベースを更新することもできます。

XCuteでこんなに便利に!
■プログラミング言語を使用せず、Excelのスキルで手軽に開発
Excelの画面イメージのままWeb化出来るので、Accessなどのデータベースの経験者なら、手軽に開発が可能です。

■Webブラウザでデータの共有が可能に
支店からのデータエントリーから、メインフレームの帳票のWeb化してペーパーレスの実現まで多彩なWebアプリを作りデータ共有し社内を活性化できます。
海外の生産工場と国内の本社間でデータを収集する業務などにご活用いただいているケースも多くございます。

■Excelの資産を有効活用し内部統制にも対応
ExcelシートをそのままにWeb化し、内部統制に対応した例として予算と実績管理などがあります。3000行からのクロス表を使い大中小計など全体のバランスを見ながらデータ入力を行うものです。


■外注をやめ自社開発で千万円単位のコストダウン
外注すると数千万円単位のコストが発生するWebアプリを、エンドユーザみずからの手で開発した例も多々あります。 (4500万円の開発を自社で)
保守運用にもコストが発生せず、最大限のコストパフォーマンスを発揮します。
(構築コストを1/5~1/10)

 

 ホーム | 会社概要 | プライバシーポリシー Copyright  Microlab Co. Ltd Allright Reserved.