Structure

多彩な入出力と機能

  • HOME
  • 特徴と機能
  • 多彩な入出力と機能

ブラウザからデータ入力

ブラウザ(HTML画面)でデータ入力

下記は、一般的なデータエントリーです。

ブラウザからデータ入力

クロス帳票からのデータ入力

DB上は、レコードは縦に並びますが、これを横に並べて(月を横軸)クロス表とします。
クロス表からもデータ入力が可能です。

クロス帳票からのデータ入力

多彩なデータ出力

ブラウザ(HTML画面)でデータ出力

Excelの綺麗なグラフがそのまま表示されます。
下記は、ビルの電力やガスの使用量を可視化したものです。

ブラウザ(HTML画面)でデータ出力

Excelでデータ出力

Excelのピボットテーブルも「何処の誰が何をどれだけ販売したか?」ピボットでブラウザからExcelを開き表示します。
※クライアントにExcelが必要です。

Excelでデータ出力

Excelのピボットは、XCuteのクロス表のことで、縦軸は支店、担当者と親子に階層化(入れ子)されています。

階層化されたクロス表

左図は親子孫と階層化された集計表で、右図は商品区分横軸にしクロスにしたものです。
なお、クロス表とはExcelのピボットテーブルと同じです。

階層化されたクロス表

XCuteは、階層化した集計表が得意で会計の貸借対照表まで作れます。なお、階層化とは入れ子とも言い、表の中に表がある構造になります。

会計の貸借対照表

開発支援機能

DBをSQL文で操作

下記は、データエントリーや帳票出力に使うSelect文の例です。SQL文は接続先DBの文法で記述します。

DBをSQL文で操作

下記は、拡張SQLと言う値を返さないSQLの指定です。トランザクションなども指定できます。

DBをSQL文で操作2

ナビゲーション機能でHTMLタグの差し込み画面作成

このようなメニュー画面は、Excelのひな型にHTMLタグを差し込んで作成します。
「タグ差込」というと難しそうですが、XCuteナビで簡単に差し込みできます。

ナビゲーション機能でHTMLタグの差し込み画面作成

仕様書(ドキュメント)自動生成機能

XCuteで作成した成果物の内容をダンプして、自動的に仕様書(ドキュメント)を生成できます。
Excelに設定した関数の内容などもダンプされるため、どのセルにどのような内容が書かれているか明確になります。 また、XCuteから接続しているデータベースのテーブル列名、型もダンプされます。
既存のエクセルファイルをダンプすることもできるので、エクセルファイルの解析に便利です。仕様書がない成果物も、この機能で解決です。
★実際にダンプした例はこちらです

ブラウザでの入力支援機能

Excelの入力規則でリストボックスやカレンダーを指定するとブラウザでそれらに変換されます。

ブラウザでの入力支援機能

ポップアップリストウインドウ

部品表や顧客リストから選択入力する時に使います。

ポップアップリストウインドウ

詳細を見る →ポップアップリストウインドウサンプル

ExcelアップロードとExcelOpen機能

ExcelのBookを送信して直接データエントリーできます。

ExcelアップロードとExcelOpen機能

詳細を見る →エクセルのアップダウンサンプル

ExcelOpen機能

ブラウザからクライアントのExcelを開きます。

ExcelOpen機能

詳細を見る →予算と実績のエントリー例(ExcelOpen機能)

ダウンロードされたエクセルを開いてください。そのシートから弊社DBへデータエントリーできます。

メール送受信機能

ブラウザから入力した値や、DBの値をメールで送受信することができます。
添付ファイルや、CC, BCCにも対応しており、DB登録確認の返信メールや、ワークフローなどに幅広く活用いただけます。

メール送受信機能

詳細を見る →メール受信のサンプル

※メール送信サンプルは、スパム防止のため休止中

※メール送信機能を利用するには、SMTPサーバが必要です。
※メール受信機能を利用するには、POP3サーバが必要です。


導入のご検討・ご相談はこちらから

資料ダウンロード

資料ダウンロード

お問い合わせ・ご相談

0120-814-702

受付時間:平日10〜17時

XCuteカタログ
請求フォーム

XCuteカタログ請求フォーム