対応データベース

 X・Cuteは、Access以外のデータベースにはODBC接続とネイティブ接続していますので、マシンを問わず各種データベースを利用できます。実際には、Oracle,SQL Server,PostgreSQL,DB2,MySQLやDB2/400では動作検証しています。
(XCute for Access ・ XCute Liteには接続できるデータベースに制限があります、詳しくは製品情報をご覧下さい。)
データベース ODBC接続 (※1) (※2) (※3) ネイティブ接続 備考
PLS(*.pls) Xcuteプロジェクトファイル(*.pls)内のデータベース。
Access(*.mdb) Access 2003 以前のファイル形式。
Access(*.accdb) Access 2007 以降のファイル形式。
XCute12以降対応。
ドライバインストールが必要な場合あり。
Oracle ドライバインストール・構成設定が必要。
SQL Server  
Postgres ドライバインストールが必要。
MySQL ドライバインストールが必要。
DB2 ドライバインストール・環境設定が必要。注意点あり。

※1
 64bit ODBCドライバをご利用の場合、XCute 64bit版。 32bit ODBCドライバをご利用の場合、XCute 32bit版をご利用下さい。
使用するOS・ODBCドライバ・XCute・ODBCデータソースの組み合わせは次の表をご覧下さい。
OS・XCuteのbit数と使用するODBCアドミニストレーター
OSのbit数 ODBCドライバ XCuteのbit数 使用するODBCデータソースアドミニストレータ
Windows64bit版 32bit ODBCドライバ
使用の場合
XCute 32bit版 管理ツールの「ODBC データ ソース (32 ビット)」
標準パス:C:\windows\syswow64\odbcad32.exe
システムDSN
64bit ODBCドライバ
使用の場合
XCute 64bit版 管理ツールの「ODBC データ ソース (64 ビット)」
標準パス:C:\windows\system32\odbcad32.exe
Windows32bit版 32bit版ODBCドライバ XCute 32bit版 管理ツールの「データ ソース (ODBC)」
標準パス:C:\windows\system32\odbcad32.exe

※2
 2バイト文字のデータソース名は対応しておりません。半角英数字で設定してください。
※3 多国語利用時は、ADOviaODBC(Open DB)を選択してください。

指定できるSQL文は、以前はSelect文に限られていましたが、Ver9からはDeleteやCreate Tableなどの任意のSQL文が指定でき、且、トランザクションも制御できるように拡張されました。ただし、SQL文の文法は、指定するDBに従います。
また、DB2/400については、CallでAS400のジョブを呼ぶこともできます。

各種データベースと使用可能なデータ型
 データベースのデータ型には、文字列、数値、日付と言った基本のデータ型と、画像や音声データなどのバイナリーデータを扱うために拡張したデータベース固有のデータ型があります。
 XcuteではこれらDBメーカが独自に拡張したバイナリー型などを扱うことは出来ません。

データ型のXCuteによる利用可否と、どのように表示されるかは以下の表を参照してください。
各種データベース毎のXCuteによる利用可否と表示型一覧
※この表に記載していない型はすべて利用できません。